校正用 CV/Gate 発生器

midiboard

Analog2.0 の校正用の CV/Gate 発生器です。最初の試作です。

takeda さんの MInI-BOARD の考え方を使わせていただいます。

MInI-BOARD の記事はこちら

私は普段から MInI-BOARD を使って Analog2.0 の校正しているのですが、作るのがちょっと面倒なのと、「ここをこうしたら」と思う点が何点かあったので、普及版として設計しなおしました。

MiDi-BOARD と名前付けたら悪ふざけすぎるでしょうか。

MInI-BOARD と基本的な機能はそっくりですが、以下の点が違います。

  • 組み立てやすいように基板一枚に全機能を収めた。
  • DIPロータリースイッチを使って、鍵盤からCVを出すときの絶対的なオクターブを明示できる (MinI-BOARD は、シフトアップ/ダウンで指定)。
  • MIDI チャネル切り替え機能つき
  • ポルタメント機能をはずした。
  • ベンド幅調整機能をつけた(最終的に外す可能性あり)
  • テストトーン発生機能をもつ(次の版で追加予定)

ざっとテストプログラムを組んで、ハードウェアの設計間違いはないことを確認。

さらに機能を追加・削除した第二版を急いで組む予定です。ダイオードが中途半端にでこぼこしているのがかっこ悪くてイヤです。ここ、なんとかならないかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください