現状を調べる

とりあえず動くには動くようなので、まずは中を開けずに、動かしてみて状態を確認します。

システムの構成

  • A-110 VCO x2
  • A-145 LFO
  • A-118 Noise + Random Volt.
  • A-138 Mixer
  • A-120 VCF1
  • A-140 ADSR x2
  • A-132 Dual VCA
  • A-190 MCVS

全体

ぱっと見て、筐体や基板などに破損はないようです。全体的に、ジャックの接触が悪く、パッチコードをさしても接続がうまく行かないことがたびたびあります。

それでは、個別モジュールを見て行きましょう。

A-110 VCO

【正常】
– 二基とも、発振はしています。
– 全波形出力しています。
– ピッチ、PWM ともに外部 CV はかかります。
【異常】
– 両オシレータともに、レンジの切り替えは、オクターブになっていません。
– 両オシレータともに、レンジの最高の二点まで上げると、逆に周波数が落ちてしまいます(仕様?)
– 左側の VCO は、MIDI/CV からの CV を受け付けていないようです
– 右側の VCO は、MIDI/CV からの CV を受け付けますが、レンジが狂っています(オクターブが出ません)
– どちらのオシレータも、LFO の周期に合わせてピッチがゆれています。

かなり手ごわいかんじです。

A-145 LFO

特に問題ありません。

A-118 Noise

聞いた感じ、red の出力が出ていないようにも感じますが、はっきりとわかりません。これは後ほど詳細に調査することにします。

A-138 Mixer

動きません。接触不良なのか回路が壊れているのか不明。

A-120 VCF1

特に問題ありません。

A-140 ADSR

MIDI/CV からのゲートを受け付けません。外部入力経由で動かすと動作します。

A-132 Dual VCA

特に問題ありません。

A-190 MIDI-CV

特に問題はみつかりません。

音は…

五度音階
  • VCO – VCF – VCA – 1EG 構成
  • VCO: レンジ+1 ノコギリ波、モジュレーションなし
  • VCF: cutoff =0, CV2=8.5, resonance=5
  • ADSR: Time Range=L, A=5, D=5, S=5, R=2
[audio:doepfer_fifth_initial.mp3]
デモ曲
  • VCO-VCF-VCA-1EG構成
  • VCO: レンジ+1 ノコギリ波、モジュレーションなし
  • VCF: cutoff =0, CV2=8, resonance=5
  • ADSR: Time Range=L, A=4, D=7, S=5, R=2
[audio:doepfer_demo_wtc_initial.mp3]

ピッチがふらついているのは、LFOからの干渉のせいです。
まずはここから出発ということで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください