ちょっと特殊なフィルタ

いつも親しくしていただいている、masa921 さんが、最近 AKAI の EWI3020 を入手しました。
これ用の音源の EWI3020m には、ちょっと変わったポストフィルタがついています。
聞かせていただいたんですが、このフィルタがすごいんです。

それをかけると、あら不思議、どんな音源も管楽器っぽくなります。
実機を持っていないので音デモができないのが残念なのですが。
すごく魅力的なので、少し調べてみました。

masa921 さんに無理をお願いして、基板写真を送っていただき、読み取ってみました。

基板写真はこんな感じです。

赤丸で囲んだあたりが問題のフィルタです。とんでもない数のオペアンプが並んでますね。これ全部使って一個のフィルタです。

なにやらスゴそうでしょ?

回路図起こしましたが、図面をアップするのは自粛しておきます。
わかったことは、

  • フィルタは、2タイプある
  • 1タイプは、BPFで、もう1タイプは、くし型フィルタに近い、ちょっと変わった特性のフィルタ
  • BPF にかけると、音が木管楽器ぽくなる
  • くし型的フィルタにかけると、音が金管楽器ぽくなる
  • BPF は、オペアンプ1ユニットを使って構成されていた。
  • くし型的フィルタはちょっとすごい
    • APFを縦列接続しています。
    • その数、なんと22段
    • このAPFフィルタにフィードバックをかけて、独特の金属感を出しているようです。

見てると、作りたくなってくるフィルタです。サミットに間に合えばラッキー。間に合わなければごめんなさい、であります。

2 thoughts on “ちょっと特殊なフィルタ

  1. 入手した・・・まぁ本人の立場だとそうですね・・・。

    かわりにDX7Ⅱとかいろいろ小物をいただきましたけど・・・。

    というかそのままEWIをもってらっしゃいなw。

  2. 所長さんコメントありがとうございます。

    > 入手した・・・まぁ本人の立場だとそうですね・・・。
    むははは

    > というかそのままEWIをもってらっしゃいなw。
    一度現物に触れてみたいですね。まだ Windows Media 経由の音しか聞いていないです。(かなりいい感じ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください