DR-110 の駆動パルス

DR-110 の回路図は以下ののとおりです。

この回路では、ドラムセットの各パーカッションに 1 ms の負のパルスを入れればタイコが鳴るようです。オシロスコープをあてて、信号が回路図の説明通りに来ているか確認しました。

以下はバスドラムの入力パルスと出力波形です。

Blue: Input pulse, Red: Output
Blue: Input pulse, Red: Output

パルス幅は約 1.3 ms のようです。

以下はスネアドラム

Blue: Input pulse: Red: Output
Blue: Input pulse, Red: Output

ハンドクラップについては、入力パルスだけとりました。

Blue: CP I, Red: CP II

これはバスドラムをシミュレーションした結果です。ほぼ同じ波形が出ています。

パルス幅を細くすると出力が小さくなります。

パルス幅を広くすると出力は大きくなりますが、歪みが出てしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください