プリント基板

初めて本格的なデジタルな作り物をやってます。

なんだかんだで膨れ上がって、基板四枚規模になってしまいました。

線が細かくて、なにやらとてもデジタルな雰囲気が漂っています。

これらの基板、パタンを起こすのに一番かかったもので、5時間でしたが、両面基板を前提にすると、10秒ほどでCADが自動ルーティングしてくれます(片面だと自動ルーティングはまず成功しません)。ただし、今度は via のパタンが細かすぎて、手で作るのは恐ろしく大変になってしまいます。

しかし、5時間の短縮は、劇的です。作るのが難しいのは、基板製作サービスを利用すればよいわけですから、特にディジタルものでは、基板は外注するほうが現実的かもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください