まだまだ続く鍵盤改善

新たに鍵盤回路を試作しなおしています。
タイミング調整の連続で難しいです。回路だけでなくスイッチのタイミング調整も必要です。

なんとか鍵盤がおとなしくなってきたので、音をちょっとだけデモです。

bird-intro2.mp3[audio:http://synth-diy.up.seesaa.net/image/bird-intro2.mp3]

著作権まずいな。

回路はもう少し改良して落ち着いたら掲載します。

2 thoughts on “まだまだ続く鍵盤改善

  1. ca3080

    ものすごく安定して聴こえます。MOOGフィルターもいいですねー。

  2. gan

    ca3080 さんコメントありがとうございます。思いの外良い音になってきてうれしい限りです。好みの音がマイ設計で狙って出せるといいのですが、それはまだまだ今後の課題です。
    トランジスタラダーも良い感じと思われるのですが、921もどきの VCO もなかなか良いのではと思いました。同じフィルタに通しても TB-VCO とはまた違い、921 はかなり強い音という印象を持ちました。欠点はジッタが入りやすいことかな。これは私の作りが雑なせいかもしれません。ジッタの良し悪しは色んなところで議論されていますが、私はあまり好きじゃないなと思いました。
    ああ、あんまり音色について語るとオカルトになってきちゃうのでこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください