うっかりしていてお知らせが遅れてしまったのですが、

Analog2.0 の本がカラー化して帰ってきました。

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門 改訂版2017
https://www.rutles.net/products/detail.php?product_id=785
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899774699

A5判/フルカラー/328ページ
定価:本体2,894円 (税込み)
2017年9月25日発売

Analog2.0 初版の間違いや分かりにくいところを修正しました。
シンセサイザーの回路も、故障や誤動作を減らすため少し変更してあります。

キャプテンミライさんの素敵なイラストも増えて、内容と装丁が近くなったのではないかと思っています。
よかったらお楽しみいただけるとさいわいです。

書籍で指定しているファイルは、Analog2.0 GitHub リポジトリに移動して、そこから公開しています。
https://github.com/naokiiwakami/analog2.0/wiki

正誤表は引き続き Analog2.0 の書籍サポートページから公開しています。
http://gaje.jp/analog20/book.html

目次
Chapter 1 シンセサイザーの仕組みと作り方
1-1 アナログシンセサイザーの仕組み
1-2 アナログシンセサイザーの作り方
Chapter 2 基本システムの製作(1)
2-1 パネルの製作
2-2 ケースの製作
Chapter 3 基本システムの製作(2)
3-1 電源モジュールの製作
3-2 ライフラインケーブルの製作
3-3 電源の仕組みを理解しよう
Chapter 4 機能モジュールの製作
4-1 システムの構成
4-2 ノイズジェネレータとミキサ
4-3 電圧制御増幅器(VCA)
4-4 電圧制御発振器(VCO)
4-5 エンベロープジェネレータ
4-6 低周波発振器(LFO)
4-7 電圧制御フィルタ(VCF)
Chapter 5 その他のモジュール
5-1 リングモジュレータ
5-2 グラフィックイコライザ
5-3 レゾネータ
5-4 フェーズシフタ
5-5 ゲートディレイ
5-6 アナログシーケンサ
Appendix 付録
A Analog2.0システム配線図
B MInI Board IIの製作
C トランジスタ・マッチングの方法
D モジュール間配線の確認方法
E Analog2.0ウェブサイト

Emacs のひっくり返った ctrl-M と ctrl-J を元に戻す

Emacs 24 のどこかのバージョンで突然 ctrl-M (改行) と ctrl-J (改行+インデント) の役割が逆転したようです。Emacs 開発のこういう無神経な変更にはイライラさせられますがとにかく何でもカスタマイズできる emacs のことです。以下の一行を .emacs に入れれば元に戻ります。

(when (fboundp 'electric-indent-mode) (electric-indent-mode -1))

以下の投稿に感謝。
http://emacs.stackexchange.com/questions/5939/how-to-disable-auto-indentation-of-new-lines

電圧制御エンベロープジェネレータ 基礎検討:アナログ式

色んな用途で使う予定があって、電圧制御エンベロープジェネレータの設計の基礎検討をしています。

エンベロープジェネレータ回路は、アナログシンセサイザーの中では単純なほうですが、通常の単純な設計では電圧制御ができません。コンデンサへの充放電の速さを制御することで振る舞いを変えるので、可変抵抗器を使えば簡単に作れてしまうのですが、もっと速く細やかな制御をしたいときには可変抵抗の抵抗値で、というのはちょっと不都合です。そういうわけで電圧制御の必要性が出てきます。

電圧制御式のエンベロープジェネレータを作るには色々なアプローチが考えられます。いくつかを実際に試作して検討する予定ですが、まずはアナログ式を試してみました。

Continue reading “電圧制御エンベロープジェネレータ 基礎検討:アナログ式”