gaje

2009/09/17

スーツケースシンセ

Filed under: 雑談 — Gan @ 12:57 PM

先日のちゃぶ台音楽、無事に終了しましたが、大変だったのはセッティングと撤収。

シンセ4台使っただけなのですが、セッティングにはなんと1時間以上かかりました。撤収にも10分ほど。もともと持ち時間30分なので、セット・撤収も見せる部分のうちとはいえ、これはかかりすぎです。

設定に一番かかるのは配線です。あらかじめ配線しておいて、それをスーツケースにかぽっと入れておけると楽かもしれません。ということで、スーツケースシンセ、調べてみました。

いきなり行き当たったのは、自分のページだったりして。Chuck さんのスーツケースモジュラーです。

中からむおっとせり出してくるのは、サンダーバードの打ち上げ台っぽくていいです。このシステム、スーツケースなだけでなくモジュールが差し替え可能なんですよね。企画・設計・製作はさぞ大変だったのでは。

スーツケースシンセで検索すると非常に良く出てくるのは Vostok です。

vostok2-front

パッチマトリクス式のモジュラーです。3VCO, VCF, VCA, 2EG, Ring, 2LFO と、いかにもソレ用途っぽい構成です(ソレってなに?)。デモ音を聞いてもやっぱりソレ系です(だからソレって?)。ざっとしか見てないので、なぜパッチマトリクスあるのにジャックもあるのかがナゾですが、多分外部入出力のためでしょう。

くわしい背景は読みきれていませんが、steim というサイトのとあるページにスーツケースありました

とてもスタイリッシュです。こういう感じのは私も作ってみたいな。造形がなんとなく EMS 風です。

そして、圧巻なのが、これ

いやはやかっこいい。手作りしたらいったい何年かかるでしょう。

スーツケースといっても、専用にケースを開発するほうが多いみたいです。自分ならどうする?

2 Comments »

  1. EARグループが手掛けたNINのシステムは、上のリンク先にあるようにゼロ・ハリバートンのケースを巧みに流用したものですね。上下のブランクは特製のユーティリティー・パネルで埋めてあって、一見したところ完成度は抜群です。もしかすると、放熱は上下にずらりと並べたジャックの穴で賄っているのかな。下のジャック多いし。笑

    http://www.ear-group.net/nin2.html

    コメント by genie — 2009/09/17 @ 2:09 PM

  2. genie さんさっそくのコメントありがとうございます。
    リンク先ろくに読んでいなかったのですが、そのようですね。
    パッチをしないと音が出ないモジュラーは、ポータビリティーでいうと最悪ですが、見た目の効果は抜群ですね。
    それにしても、ほんと熱対策はどうしているのでしょう。ジャックで放熱だと、パッチが混んでくるとオーバーヒートですね :-)

    コメント by Gan — 2009/09/17 @ 10:46 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress