修理前後の音デモ

のんびりやっていた、Doepfer A-100 の修理もとうとう完了しました。

せっかくだからここで、修理前後で音がどう変わったかを、聴いてみましょう。

五度音階

  • VCO – VCF – VCA – 1EG 構成
  • VCO: レンジ+1 ノコギリ波、モジュレーションなし
  • VCF: cutoff =0, CV2=8.5, resonance=5
  • ADSR: Time Range=L, A=5, D=5, S=5, R=2

修理後→
修理前→

デモ曲

  • VCO-VCF-VCA-1EG構成
  • VCO: レンジ+1 ノコギリ波、モジュレーションなし
  • VCF: cutoff =0, CV2=8, resonance=5
  • ADSR: Time Range=L, A=4, D=7, S=5, R=2

修理後→
修理前→

その他のデモ

デモ曲その2、修理前には使えなかったミキサーなど、モジュールをフル動員してみました。
(と、いいつつ、LFOは使っていない)

これはベースパタン、アナログシンセのベース音はいいですね~

使うほうをもっと突き詰めてみたいですが、預かり物なので、それはならずです。
ちょっとさびしい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です