Roland PMA-5

CA330164

Roland の PMA-5、手帳風の音源内蔵シーケンサです。ちょっと古いのですがカバンに入れてもじゃまにならないし、MIDI 出し入れの動作確認やちょっとした音源、それに MIDI シーケンサーとして重宝しています。

CA330151 が、この機材、ライン出力が 3.5mm ミニジャックなのです。頻繁に使っていたら、接触不良になってしまいました。
修理というほどの修理ではありませんが、直してみようと思います。
CA330152 中をあけてみると、こんな風になっています。3.5mm ジャックは、外から接点が見えます。ためしに、接点を曲げなおして修復を試みましたがうまく行きませんでした。磨耗したのかもしれないし、どこか折れたのかもしれません。
CA330153 と、そこに、手持ちに同じ形状のジャックが...こんな幸運はめったにあるものではありません。ここは迷わず交換です。左が新しい部品(新しく見えませんが一応新しいのです)、中がはずした部品、右は友情出演です。
CA330154 と、いうことで、無事に修理できました。あらためて書くほどすごいことやっていないのですが、市販品と同じ部品が手に入るというのはなかなかないこと。すごくラッキーです。この喜びを分かち合うために記事にしてみました。

One thought on “Roland PMA-5

  1. I just recently purchased a PMA-5. I immediately took it apart to clean and see if there were any issues and give it a thorough cleaning.

    I noticed that someone badly re-soldered the battery contact connections to their wires but it seems to work. The battery contact wires were not in their proper position. Any chance you have a photograph of where the battery contact wires should be in relation to the boards?

    Also, how difficult would it be to replace the internal battery (soldered) if it should go?

    Is there any way to adjust the contrast of the LCD touch screen? Some portions at the top are hard to read.

    Any advice or help is greatly appreciated and thanks for this very helpful post!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です