SCI Prophet-600 の修理

ブログ記事からの転載です。

Prophet-600 故障品を格安で入手、修理しました。

症状は、A・B と二基あるオシレータのうち、A からのが時々音が出ないというもの。Prophet-600 は6音ポリフォニックなので、音源が6系統あってキーを押すたびに各系統が順次使われるのですが、そのうち一系統 が止まっているとこういう症状になります。

各系統の信号の上流から動作を確認していって、12個あるVCO チップ CEM3340 のうちの一つが出力していないのを見つけました。

さらに、チップが動いていない原因を以下の手順でもう少し調べます。

  1. まずは、鳴らないICをソケットから外して電源が正しく来ているかチェック。想定どおりの電圧が来ています。
  2. まわりの回路を見ても特に劣化は見当たりません。はんだがはがれているような形跡もなし。本来ここは導通チェッカやテスターで詳しく調べるべきなのですが、ずぼらして見た目だけで「まわりは大丈夫」としてしまいます。
  3. 再度チップを挿しなおします。回復せず。ICの足が接触不良を起こしているわけではなく、ICそのものが動作不良なことを確認。

不良のチップを、ストックの CEM3340 と交換。直りました。

おまけ:基板写真

Prophet-600 の基板は、すっきりしていて扱いやすいです。
上段に横並びの6チップが CEM3340 です。一つだけ違う色なのが交換したものです。

さらにおまけ:

まさに Sequencial Circuits の音。

3 thoughts on “SCI Prophet-600 の修理

  1. 20年以上 使っていませんでしたが、愛着があり ひさしぶり に
    さわってみましたが いろんなところで 接触不良とおもわれる トラブル
    が みられました、なんとか 正常な状態で 保存しておきたいので
    ぜひ 修理を おねがいしたいですが 先立つもの が とぼしくて
    経験者をさがしていました ご予算がわかれば ぜひ おねがいして
    ならしてみたいです。ほかに ハモンドB3 ローランドsystem700
    フェンダーローズピアノ など 保存しています。 ご無理だと、おっしゃられ
    るのを 覚悟で お願いしています、よろしく

  2. ごめんなさい、今ちょっと日本を離れて暮らしており修理などをお受けするのは無理なんです。それにしてもすごい機材をお持ちですね。確かに音聴きたくなるのわかります。
    ハモンドB3はまだ現役で使っているミュージシャンがかなりいます。何度かライブで聴きましたがそれはそれはもうすばらしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です