投稿者 スレッド: 基本発振器の動作説明について  (参照数 106 回)

kaz8

  • 初心者
  • *
  • 投稿: 2
    • メール
基本発振器の動作説明について
« 投稿日:: 12月 25, 2016, 10:46:27 pm »
P.157&P.159の基本発振器の動作説明において、まずコンデンサC3の両端電圧が0Vで下側の電位が高い状態とされているのですが、C3の下側の電位がどのようにして高くなっているのか(どのような動作でC3が充電されるのか)、またトランジスタQ1がONになった時のC3の放電される回路上のルートをご教示いただけないでしょうか?浅学で大変恐縮ですが宜しくお願い致します。

Gan

  • 管理人
  • 常連メンバー
  • *****
  • 投稿: 177
    • メール
Re:基本発振器の動作説明について
« Reply #1 投稿日:: 12月 26, 2016, 08:17:55 am »
kaz8 さんこんにちは。添付の図に充電時 (charge) と放電時 (discharge) の電流の経路を書き込みました。充電時には C3 から電流が流れ出すので一見放電に見えますが、C3両端の電圧がマイナス側に増加してゆく充電です。放電時にはQ1を介してC3の下側に電流が流れ込み、マイナス側に貯められていた電荷を相殺してなくしてしまいます。
« 最終編集: 12月 26, 2016, 08:20:11 am by Gan »

kaz8

  • 初心者
  • *
  • 投稿: 2
    • メール
Re:基本発振器の動作説明について
« Reply #2 投稿日:: 12月 29, 2016, 10:41:23 pm »
Gan様
早々にご回答いただいたのにもかかわらず、
気付くのが遅れてしまいまして
大変失礼致しました。
イラストで大変分かり易かったです。
どうもありがとうございました!!