「シンセサイザークロニクル」発表

前記事で紹介した学研大人の科学の増刊号の発売が発表になりました。

学研大人の科学特別編集「シンセサイザークロニクル」
2008/7/30発売予定 予価:3,200円(税別)
ふろく:GAKKEN ANALOG SYNTHESIZER SX-150
http://otonanokagaku.net/magazine/special2/index.html

シンセの設計に関しては、もうできることはほとんどなくなりました。あとは一人でも多くの人に楽しんでいただけたらうれしいなと思います。

2 thoughts on “「シンセサイザークロニクル」発表

  1. あれどこに来ちゃったんだろと思いました(色が)。
    なかなか手ごろな値段だし、私レベルの回路知識でもなんだか弄れそうで、嬉しいものを作ってくれたなあと思ってますです。企画者の前でエラソーですがw

    2ちゃんにスレが立ってるので紹介しますね。
    なんかあそこの人はやっぱり社会経験の高くない人が多いのか(オレモナー)、諸制約を無視したクレクレ度の高い書き込みが多いので、ganさんお仲間とガレージキット屋やったらいい鴨。

    大人の科学マガジン ふろくアナログシンセ SX-150
    http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/dtm/1213023042/

    こちら一段落付いたら「アレ」ネタも期待してますね笑
    (うちの子とかなり同世代っぽいので「下記認証コード」に交換すると安定度増すかもです)

  2. oish さんコメントありがとう。色は、日曜日に元に戻す予定です。
    自分で言うのもナニですが、工作好きのヒトには楽しいふろくですよ。やっぱり学研のものだから、学研の科学の教材みたいな楽しさがあります。(ひとしきり遊んだら壊れる心配なんて気にせずガンガン改造)
    うちのコ(命名:くろ先生)も oish さんのと多分同世代です。まだおなかはあけていませんが。下記認証コード世代ですね。Analog2.0もこのチップが主役ですが、性格がまるで違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です