モニタスピーカ修理

えらく久しぶりの更新です。
何も作っていないかというと、実は結構忙しく製作していたりします。
ネタもたまってきたのでもう少ししたら公開いたします。

monitor-speaker.jpg

今回は小ネタです。
出音確認用として使っていた安物のPC用スピーカが鳴らなくなったので修理しました。原因は接触不良とオーディオケーブルの断線だった模様。それだけ直すならすぐですが、つい改造も加えてしまいました。


この手のモニタスピーカーは、入力インピーダンスが低めで、モニターする回路に干渉することがよくあります。そういうことが少なくなるように、入力段に一段バッファを入れてみました。

monitor-speaker.png

R4から右が今まであった回路、左が追加部分です。TDA2822は、単電源小電力のステレオパワーアンプICらしいです。STマイクロ製。

修理・改造したスピーカーは普通に鳴っています。もともと音は良くないし、これで音が良くなるという改造でもないので特に目立った改善はないですが、これで扱いやすくなると良いなと思います。
ただ、入力をオープンにすると発振がおきやすく、良設計ではなさそうです。まあでも実用上問題ない間はこれで済ませてしまおうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です