シンセサイザーと電子楽器のすべて

誠文堂新光社 1981年
今泉清暉,泉たかし/編
243ページ

synth-and-einst.jpg

本はあまり捨てないたちで、参考書も多くは20年前から持っているものをそのまま使っているのですが、なぜか一番気に入っていたこの本を紛失してしまい(5年前はあったのですが)、悲しい思いをしていました。しかし某所より借りることができました。

「電子展望」という雑誌の別冊だったように記憶していますが、そういう記述は見つけられませんでした。若干改定があったのかもしれません。

なんといっても役に立つのが「電子楽器の基礎知識」の章です。シンセサイザーはもちろん、リズムマシンや電気・電子オルガン、電気ピアノの仕組みがメカ部分から回路図まで解説されています。インターネットにもアナログ合成についてこれだけの内容を網羅した解説サイトほとんどないのではないでしょうか。ちなみに先日作った LFO の設計はここを大分参考にしました。

また、今関洋一さんのシンセ製作記事もすばらしいです。私はこの記事に触発されて自作を始めたのでした。当時の楽器のカタログもありパラパラ眺めているだけでもとても楽しくなります。

あー、何度読んでも飽きません。が、そろそろ返さなくては。自分のもいつかどこからかひょっこり出てくるといいなあ。

4 thoughts on “シンセサイザーと電子楽器のすべて

  1. 昭和55年版の表紙には「無線と実験別冊」とあります。

  2. おお、この本お持ちでしたか。電子展望ではなく無線と実験の別冊なのですね。覚え違いしていました。図書館のはやはり版が違うようです。この本売れたんですね。

  3. この本と「エフェクター自作&操作術81」は私も飽きずに毎日眺めていました。

    最初は青い背表紙の別冊として刊行され、後で白い背表紙の誠文堂新光社の普通の単行本として刊行されたのを覚えています。

  4. 私はエフェクターは、誠文堂新光社の「エフェクター入門」「最新エフェクター入門」です(こっちはまだ2冊とも持っています)。これも暇さえあれば読んでいました。ここが出もとのエフェクタを友人に作ってあげたりしていましたが、性能に納得してもらえず全部戻ってきてしまいました。ディストーションは奥が深く難しいことをそれでやっと知りました。懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です